薄毛のタイプ別育毛剤の選び方

薄毛のタイプ別育毛剤の選び方

 

育毛剤を使っても効果を実感できなかった経験がありませんか?

 

効果を実感できないのは、育毛剤の選び方が間違ているからかもしれません。

 

育毛剤には4つのタイプがあります。

 

自分のあった育毛剤を選びましょう。

 

 

1つめは男性ホルモン抑制タイプです。

 

男性ホルモンが酵素によって分解されるとDHTという物質ができます。

 

このDHTが髪の成長サイクルに悪影響を与えて抜け毛を増やし髪を薄くします。

 

いわゆるAGAと呼ばれるタイプの薄毛に効果が期待できます。

 

男性ホルモン抑制タイプの育毛剤は、男性ホルモンをDHTに変換する酵素の働きを阻害して、抜け毛・薄毛を予防します。

 

 

 

2つめは血行促進タイプです。

 

髪を育てる毛根に栄養と酸素を供給しないと髪が育ちません。

 

栄養と酸素を供給しているのは血液です。

 

血液の流れをよくして髪の成長に必要な成分を届きやすくするのがこのタイプの育毛剤です。

 

 

 

3つめは栄養補給タイプです。

 

食事から栄養を摂取するのが基本ですが、頭皮から直接毛根に栄養を与えば髪の成長が促されることが期待できます。

 

髪の成長に欠かせない栄養を頭皮や毛穴から吸収させ、成長を促すのがこのタイプです。

 

 

 

4つめは細胞分裂促進タイプです。

 

髪を作る毛母細胞に直接働きかけて細胞分裂を促します。

 

成長因子配合のモンゴ流スカルプエッセンスDeeper3Dなどがありますね。

 

 

薄毛の原因は人それぞれ違います。

 

何が薄毛の原因なのかを突き止めて、それに合った育毛剤を選べば効果を実感できます。

 

育毛剤で効果が出ない場合、やはりAGA治療をするべきですね。