植毛法について

植毛法について

 

FUTは毛包単位で移植片を分け、脱毛部分に移植をする植毛法であり、実際に髪の生え方にとても近い植毛法であり、ほかの方法と比べてみれば失敗がすくなくて定着もしやすいといったメリットがあるのです。

 

AGA治療として自毛植毛をしていくメリットですが、人工植毛と比べてみえば拒絶反応などの危険が少ないといったことがあり、かつらやウィッグに比べてに格段に自然な仕上がり考えられるといったことが間違いないのです。

 

自毛植毛は自分の生きた毛髪を植毛しますから、定着すると植毛した部分の毛髪は自然の毛髪同様に成長や生え代わりが可能になるのです。

 

そして加齢により白髪化するといったことがあっても頭髪のほかの部分と同じように白髪になりますから、植毛をした部分で黒く残ってしまうといったことがないのです。

 

自毛植毛はAGA治療の最後の切り札とかんがえておくことが大事で、通常内服薬や外用薬の処方や頭皮に発毛成分を与える治療がいいでしょう。

 

またクリニックによって投薬などの治療のみで高確率で発毛に成功していることもありますから、それでもAGAの症状が改善されない時の手段として覚えておきましょう。